勢 初の横綱戦で14秒健闘、すがすがしく「夢だった。幸せ」

[ 2013年3月16日 21:13 ]

日馬富士が寄り倒しで勢を下す

大相撲春場所7日目

(3月16日 ボディメーカーコロシアム)
 地元大阪出身の勢は初の横綱挑戦で日馬富士に敗れたが、相手の攻めを何度も残して14秒近く粘り、満員御礼の館内を沸かせた。結びの一番も初めてで「夢だった。初めての雰囲気を味わわせてもらって幸せ。力は出し切った」と、すがすがしい表情だった。

 8日目も最後の相撲で白鵬に挑む。195センチと身長で白鵬を上回る26歳の勢は「本当に幸せ。向かっていくだけです」と、連日の横綱戦を楽しみにしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース