幕下付け出し・遠藤初黒星 所要1場所での関取は夢に

[ 2013年3月16日 06:00 ]

遠藤が突き落としで祥鳳に敗れる

大相撲春場所6日目 

(3月15日 ボディメーカーコロシアム)
 昨年のアマ横綱で幕下10枚目格付け出しの遠藤がプロ3戦目で初黒星を喫し、史上初の所要1場所での関取昇進の夢が絶たれた。

 祥鳳との全勝対決は、相手の立ち合い直後の突き落としにバッタリと手をつき「負けたら悔しい」と肩を落とした。7戦全勝優勝なら1場所での十両昇進が確実だっただけに「期待に応えられなくて残念ですが、これで人生が終わったわけじゃない」とすぐに前を向いていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース