スパーズ 1点差!マーベリクス振り切り50勝一番乗り

[ 2013年3月16日 06:00 ]

 NBAスパーズは地元サンアントニオで4連勝中だったマーベリクスに92―91で競り勝って50勝一番乗り。ベテランのティム・ダンカン(36)が28得点19リバウンドと活躍し、西地区のトップを切ってプレーオフ進出を決めた。カーメロ・アンソニー(28)ら主力3選手を故障で欠くニックスはトレイルブレイザーズに敗れて3連敗。東地区アトランティック首位の座は守っているが、2位ネッツとの差は1となった。

 残り2分36秒は無得点。スパーズは8点のリードが1点となって、終了直前にカーターに3点シュートを打たれたが、これが外れて白星が転がり込んだ。左足首を捻挫した主力ガードのパーカーが復帰するのは2週間先。ダンカンは「トニー(パーカー)がいないと攻撃の選択肢が限られる」と苦戦の一因を語ったが、それでも負けないところが今季の特長であり強さでもある。リーグ全体首位で20連勝中のヒートとは0・5差。ファイナルを想定した戦いは、最後までもつれるだろう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース