ソチ新種目 スロープスタイルが国内初の公認大会 

[ 2013年3月16日 19:19 ]

 フリースタイルスキーで来年のソチ冬季五輪の新種目、スロープスタイルの国内初の国際スキー連盟(FIS)公認大会、白馬47スロープスタイルが16日、長野県白馬村のHakuba47ウインタースポーツパークで行われ、男子は岡田英光(バンプス)が251点で勝ち、女子は世界選手権12位の辻麻衣子(尾瀬ク)が247点で制した。

 斜面を滑走しながらコースに設けられたジャンプ台や障害物で技を繰り出し、難度などに応じて審判員の採点で競う。予選、決勝各2回の滑走予定だったが、強風で予選の2回目以降を実施できず、予選1回目の成績で順位を決めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース