終盤粘り見せた 予選通過に有村ホッ「ベストを尽くせた」

[ 2013年3月16日 11:25 ]

USLPGAツアー RRドネリー・ファウンダーズ・カップ第2日

(3月15日 米アリゾナ州フェニックス・ワイルドファイアGC=6568ヤード、パー72)
 有村はパットで苦戦しながらも終盤に粘りを見せた。ぎりぎりで予選を通過し「最後までしっかりベストを尽くせた」と胸をなで下ろした。

 前半はバーディーの後にボギーと伸ばせずパープレー。後半の13番(パー4)で6メートルを沈めてバーディーとし、17番では2メートルのパットを決めてパーセーブし、予選落ちを免れた。

 宮城・東北高の先輩、宮里藍が上位で活躍するのを見て「さすがとしか言いようがない。私も今週はいけると思ったのに」と感服。「残り2日はパットを決めたい」と決勝ラウンドでの追い上げを期した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース