川内「2時間7分台を」 ソウル国際マラソンへ抱負

[ 2013年3月16日 16:16 ]

ソウル国際マラソンに向け、ポーズをとる川内優輝

 17日のソウル国際マラソンに出場する川内優輝(埼玉県庁)が16日、ソウル市で記者会見し「2時間7分台の記録を出すことと、8番以内に入賞することを目標に頑張りたい」と意気込みを話した。

 2月の別府大分毎日マラソンを2時間8分15秒の自己ベストで制した。「順調に練習が積めている」とアピールし、2時間4分27秒の記録を持つダンカン・キベト(ケニア)ら強豪が顔をそろえたことに「トップランナーの動きを肌で感じ、今回課題に思った部分は世界選手権までに修正していきたい」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース