27歳・鈴木「年齢は上でもまだまだだなと思う」7位

[ 2013年3月16日 06:00 ]

女子SPで7位となった鈴木明子

フィギュアスケート世界選手権第2日 女子SP

(3月14日 カナダ・ロンドン=バドワイザー・ガーデン)
 27歳の鈴木は3―3回転のコンビネーションで回転不足となるなど61・17点でSP7位。

 「こういうところでパーフェクトにやるのがトップの選手。年齢は上でもまだまだだなと思う」。3位の村上とは5・47点差で、昨年の銅メダルに続く2年連続の表彰台は射程圏にある。シルク・ド・ソレイユの「O(オー)」で舞うフリーに向け、「お客さんが“もう少し見ていたい”って思うようなスケートをしたい」と力を込めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年3月16日のニュース