×

本仮屋ユイカ、歌手デビュー 9歳の頃からの夢がかない涙 「ゆいか」で10月24日にデビュー曲配信へ

[ 2021年10月21日 21:56 ]

女優の本仮屋ユイカ
Photo By スポニチ

 女優・本仮屋ユイカ(34)が21日、自身の公式YouTube「ユイカのラジオ 本仮屋ユイカ公式チャンネル」を更新し、歌手デビューすることを発表した。

 本仮屋は冒頭に「私、実はこの度、歌を出すことになりました」と発表。YouTubeの第1回投稿でも「歌手になりたかった」と明かしていた本仮屋。「この芸能活動をスタートさせたのも、元々は安室奈美恵さんに憧れて歌手になりたいという夢があって、そこから女優を目指すことになった」とした。だが、歌手の夢を諦めきれず、事あるごとに「歌を歌いたい」と周囲に漏らしていたという。

 そして「堂野さんという音楽プロデューサーからYouTube宛に(連絡が)来て、『一緒にやってみます?』みたいな」と連絡があった。本仮屋は「やります」と即答し、レコーディングがすぐ行われたという。あまりのスムーズさに「マジで今も不思議、実感がない」と語った。

 9歳の頃からの夢がかない「本当にうれしい」と涙を流した。デビュー曲の配信日は10月24日の日曜日で「朝8時過ぎくらい」と報告。YouTubeと自身がパーソナリティーを務めているTBSラジオ「ONE―J」で同時配信される。

 現在「本仮屋ユイカ」として活動をしているが、歌手活動では「ゆいか」として活動する。ひらがな表記については「丸みがあって親しみを感じてもらえて、シンプルにしたい」と明かした。そして「こんな感じで私はアーティスト…」と話したところで「アーティスト?」と、響きに慣れておらず感動したが「そんな感じで活動を始めることになりました。よろしくお願いいたします」と笑顔で頭を下げた。

 動画の最後にはレコーディングの様子や、アーティスト写真の撮影の様子なども公開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月21日のニュース