松本穂香 高校演劇部時代に演じたのは…“衝撃の”冷凍マグロ役「築地から逃げ出して」

[ 2021年10月21日 10:51 ]

松本穂香
Photo By スポニチ

 女優の松本穂香(24)が21日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)にVTR出演。演劇部に所属していた高校時代などについて語った。

 松本は、2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で脚光を浴びドラマ・映画・CMなど幅広く活躍。最近2年間で映画7作品で主演を務めているが、インタビューアーの社会学者・古市憲寿氏(36)に「なんで自分がこんなに主演に抜てきされるのかとか自己分析とかありますか?」と聞かれ、「全く分からなくて、すごい褒めてもらえることはあるんですけど、自分ではあんまりよく分からなくて」と答えた。

 また「俳優になりたいと昔から思っていたんですか?」の問いには「あこがれはありました。進路とか周りがいろいろ考え出している時期に今の事務所のオーディションに応募して。高校の時に演劇部に入って、それが結構、今に影響しているのかなって」と言い、当時、演じた役について「冷凍のマグロの役。築地から逃げ出してきたマグロが男子高校生とぶつかって、そこから物語が広がっていく」と明かした。

 「演劇部の時と俳優になってからの演技は違う?」と聞かれると、「全然、違いますね。あの時は何の責任感もないですし今は怖いものだらけになりました。主演とかやるとセットとか見るだけで、“これいくらくらいかかっているんだろうか”とかちょっと考えちゃう時はありますね」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月21日のニュース