松本伊代 背骨骨折療養中の夫・ヒロミの献身に感謝 お礼にプレゼントも「私の気持ちが重かったのかな」

[ 2021年10月21日 14:57 ]

松本伊代
Photo By スポニチ

 タレントの松本伊代(56)が21日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。背骨圧迫骨折の治療中の夫でタレントのヒロミ(56)の献身に感謝した。

 松本は7月22日、背骨を圧迫骨折していることを報告。運動中に無理な体勢を取ったことで骨折し、痛みがあるため自宅で療養を行った。しばらくの間、休養していたが、先月7日に行われた歌手の松崎しげる(71)がプロデュースするイベント「黒フェス2021~白黒歌合戦」で仕事復帰し、代表曲「センチメンタルジャーニー」などを披露した。

 現在の容体について、松本は「だいぶ大丈夫です」と回復をアピール。「本当にヒロミさんがいなかったら…。お買い物ももちろんしてくれましたし、朝ご飯は毎日コンビニで買っていてくれて、食べさせてくれて、起き上がらせてくれて、パンツもヒロミさんが履かせてくれたりして」と療養中の夫の献身に感謝した。

 感謝の思いを込めて「本当にお礼にプレゼントを渡しました。ヒロミさんが欲しがっていたネックレスを」と松本。「そのネックレスをし始めてから『ちょっと首が痛いな』ってずっと言ってるから、私の気持ちが重かったのかな」と首をひねり、笑った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月21日のニュース