黒沢かずこ“ブレーク中に気を付けること”ヒコロヒーに金言 「街ロケはカットがかかってからが本番」

[ 2021年10月21日 12:58 ]

森三中・黒沢かずこ
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(43)が20日放送のテレビ朝日「キョコロヒー」(水曜後12・30)にVTR出演。黒沢流“ロケの極意”を語った。

 同番組のMCを務めるお笑い芸人・ヒコロヒー(32)、アイドルグループ「日向坂46」の齊藤京子(24)に「ブレーク中に気を付けるべきこと」を伝えるコーナー。黒沢は「これからロケとかで街の方と沢山触れ合うことがあると思うんですけど、そういったときはカットかかってからが本番だと思っていただければ。カットかかって人間が変わったらもう終わりですよ。カットかかってもカットで辞めちゃいけないんです」という言葉を贈った。

 これにヒコロヒーは「勉強になる」「金言じゃないですか」と感銘を受けた様子。斎藤は、バラエティー番組に引っ張りだこの、タレントでモデルの佐藤栞(31)が「カメラ止まってもおばあさんに『大丈夫ですか?』」と声を掛けていたといい「いわゆる佐藤栞さんになることってことですよね」と解釈していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月21日のニュース