アンガ田中 あのお笑い芸人に激怒した過去「オレだけウケてやろうっていう感覚が」許せない!

[ 2021年10月21日 11:27 ]

お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志(45)が20日深夜、TBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(42)に激怒した過去を明かした。

 それは「さんまのからくりTV」にブサイク芸人がそろって出演し、ダンスを披露する企画に挑戦した時のことだった。田中は「完璧な振り付けをして、完璧すぎてウケるっていう笑いにするはずなのに、久保田が全然練習してこなくて…」と回顧。「1人だけできてなくて、久保田だけウケる感じになりそうだったのよ」と渋い表情で語る。

 田中はさらに「どうなってんの、関西のお笑い!?」と愚痴をこぼす。「東京ってさ、全員盛り上がって終わればいいよねっていう感じだけど、関西は違う。あわよくばあいつを引きずり下ろして、オレだけウケてやろうっていう、その感覚があるでしょ」とバッサリ。これを聞いたMCのお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(44)は納得の表情。「おもろければええやんスピリッツね。久保田大先生はその権化ですから」と笑っていた。

 田中は最後まで久保田への不満が収まらなかった様子。しかし、言い負かすには至らなかった。後日、事のいきさつを田中が自分のラジオ番組で話していると、「久保田が乗り込んできて『何やアレ!』って文句言ってきたから、怖すぎて反論できなかった」と苦笑いで振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年10月21日のニュース