羽生九段、王将リーグ暫定首位浮上「コンディションを整えて次の対局に」次戦は11・9藤井3冠戦

[ 2021年10月21日 18:51 ]

第71期ALSOK杯王将戦挑戦者決定リーグ今後の予定と暫定成績表
Photo By スポニチ

 将棋の第71期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは21日、東京都渋谷区の将棋会館で1局を行い、羽生善治九段(51)が118手で広瀬章人八段(34)に勝利した。なお、通算成績を3勝1敗として暫定トップに立った。 棋譜/広瀬八段vs羽生九段

 第65期以来6年ぶり19度目の王将戦七番勝負の舞台へ、羽生がまた一歩前進した。今期初戦の永瀬拓矢王座戦には敗れたものの、以降の近藤誠也七段戦、豊島将之竜王戦、広瀬戦と怒涛の3連勝。この結果でリーグ成績を暫定首位とした。「まだまだずっと大変な人と対戦が続く。コンディションを整えて次の対局に向かっていきたい」と11月9日の藤井聡太3冠戦を見据えた。

 一方、第69期の挑戦者だった広瀬は手痛い2敗目を喫し、通算成績1勝2敗で6番手に後退した。第68期には渡辺明棋王(肩書は当時)が通算成績4勝2敗で挑戦者決定プレーオフに進出し、さらに七番勝負に駒を進めて王将位を奪取した実績などがある。七番勝負進出の可能性は残るが、「挑戦よりも下を見る戦いになりそう。残留を目指して頑張りたい」と話した。

 王将リーグは、前期挑戦者の永瀬王座、前期リーグ残留者の豊島竜王、羽生九段、広瀬八段、2次予選通過者の藤井3冠、糸谷八段、近藤七段の7棋士による総当たり戦。11月24日の最終一斉対局を終えた時点での成績最上位者が、来年1月開幕予定の7番勝負で渡辺明王将に挑む。

 王将リーグの次戦は26日、▲永瀬王座―△豊島竜王戦が予定されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月21日のニュース