生駒里奈 「そろそろキャピキャピしたことはできない」卒業から3年「10代は記憶から消えた感じ」

[ 2021年10月21日 16:12 ]

女優の生駒里奈
Photo By スポニチ

 元乃木坂46で、女優の生駒里奈(25)が21日、TOKYO FM「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」(月~木曜後1・00)にゲスト出演し、現在の活動について語る一幕があった。

 17日まで、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で初めての1人芝居「僕とメリーヴェルの7322個の愛」に挑戦した生駒。無事に千秋楽を終えて、「1人対お客さんで75分間、演じました。すごい楽しかった」としつつ、「制作スタッフさんとは5年以来の仲という感じで、アットホームな現場で1人芝居できたから…他でやるよりも全然やりやすかったんだろうなって」と感想を述べた。

 パーソナリティーの「乃木坂46」の山崎怜奈(24)は同舞台を観に行き、アフタートークでの生駒の発言がおもしろかったという。「アイドルの時はいろんな写真を撮って、劇場で売られているんですけど、今回の舞台グッズで(生駒の)ブロマイド、生写真を売っていて。それに『そういうことをするのはここで収めるから。もう見納めだからきっと…だからみんな買っていって』と言っていて」と山崎。

 これに「言った言った」と認めた生駒。「今回は役柄じゃなく、素の生駒里奈がいろんなパターンで写真を撮ってたから。もう自分のファンクラブの中でも(今後)そういう写真を撮って売らないから…」と笑いながら明かした。残念がる山崎に、生駒は「売らないよ!」と再度キッパリ。「だって(12月に)26歳になるんだからさ。もうそろそろキャピキャピしたことはできなくなるわけですよ」と吐露した。

 デビューから10年、グループを卒業して丸3年が経過したが、10周年は振り返られないという。理由について「覚えている記憶は20歳過ぎてから。無の10代、記憶から消えた10代、そんな感じだから」としつつ、「最近の自分が充実しているのは、きっと10代の時に頑張ったいたからこそ、今に繋がっているんだなって思って」と打ち明けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月21日のニュース