×

野々村真 コロナ感染で寄せられた誹謗中傷やデマに「本当に疑問で危険」

[ 2021年8月26日 14:01 ]

野々村真
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、25日に退院したことを報告した野々村真(57)が26日、フジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)にVTR出演。コロナ感染で寄せられた誹謗(ひぼう)中傷に「なぜ叩く必要があるのか」と訴えた。

 退院の翌日となる25日、番組MCの坂上忍(54)のリモートインタビューに応じた。野々村は先月30日にPCR検査を受け陽性が確認され、その後、自宅療養を続けていたが、今月5日に体調が急激に悪化し、入院。一時はICU(集中治療室)に入るほど症状は悪化したものの、24日に退院した。

 野々村は感染を公表し、闘病したこともあり、ネットには「自分を守る対策するしていない」「喫煙者だから」「ワクチン2回打ったのに感染」などとさまざまな誹謗中傷やデマが出回った。

 野々村はワクチン未接種(予約日の2日前に感染判明)、20年以上禁煙しているという。「とにかく悲しい。なぜ叩く必要があるのか。世間を惑わすようなデマを流す必要あるのか?本当に疑問で危険だと思った」と疑問を投げかけた。

 この話に、坂上は「一部の心無いネット民の方なのかなとしか思えないですけど、人の生き死にがかかっていることに対して、何の根拠も裏取りもなく、このようなことが書けてしまうっていうのは…」とあきれ顔。「僕はネット上の誹謗中傷で匿名であろうと、身元の特定がもっとスピーディーになって、罰則のほうも重くなっていくと信じているので、こういうむちゃくちゃなことをするんだったら、今のうちに、改めるんだったら改めておいたほうがいいですよとしか言えない」と続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年8月26日のニュース