稲村亜美 東海大相模の出場辞退に悲痛な思い「今までの努力が報われる方法が何かあるといい」

[ 2021年7月24日 11:16 ]

タレントの稲村亜美
Photo By スポニチ

 “神スイング”でおなじみのタレント・稲村亜美(25)が24日、自身のツイッターを更新。今年のセンバツ王者・東海大相模が全国高校野球選手権神奈川大会を出場辞退となったことについてコメントした。登録メンバー17人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたため。

 稲村は「朝から東海大相模出場辞退のニュースをみてやりきれない気持ちになりました」と投稿。「コロナの影響で辞退しなければいけない学校が何校もでてるし、今までの努力が報われる方法が何かあるといいな この話は野球に限らずですが、、やっぱりコロナ嫌いですね」と結んで、球児を思いやった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月24日のニュース