レイザーラモンRG 高橋ジョージになりきり五輪開会式“幻の4分”「ちょうど一年前に延期と言われた夜」

[ 2021年7月24日 12:30 ]

お笑い芸人のレイザーラモンRG
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「レイザーラモン」のレイザーラモンRG(47)が24日、自身のインスタグラムを更新。歌手・高橋ジョージ(62)になり切った姿を披露した。

 この日、RGは毎日放送「せやねん」に出演。俳優・松平健(67)の「マツケンサンバII」、人気デュオ「ゆず」の「栄光の架け橋」、歌手ポール・マッカートニー(79)の「ヘイ・ジュード」、高橋の「ロード」の替え歌で「東京オリンピック開会式 幻の4分でオリンピックあるある4つ」を披露した。

 インスタでは「生放送でやらせていただきありがとうございました」と謝意を述べるとともに「ちょうど一年前に延期と言われた夜 昨日のことのように今はっきりと思い出す…」とネタの一部を披露。「歌詞のハマリがエグかったです…」としみじみとつづった。

 同番組ではお笑いコンビ「アキナ」の山名文和(41)と吉本新喜劇の宇都宮まき(39)が結婚を発表。RGは「アキナ山名 宇都宮まきちゃん結婚おめでとう!二人の『ロード』第一章始まったね…」と祝福した。

 ファンからは「次の東京大会は狙っていきましょう」「朝から笑った」「RGさん最高すぎる」「これが本当の開会式やと思ってます」などのコメントが寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月24日のニュース