若松武史さん死去 70歳 舞台や大河「武田信玄」で活躍

[ 2021年4月17日 05:30 ]

若松武史さん
Photo By 共同

 俳優の若松武史(わかまつ・たけし)さんが14日午前8時51分、甲状腺がんのため都内の自宅で死去した。70歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻由美子(ゆみこ)さん。後日、お別れの会を行う予定。

 関係者によると若松さんは20年以上前にがんを発症。闘病しながら俳優としての仕事を続けてきた。2年ほど前からは仕事を入れず自宅で療養していた。

 日大を卒業後、寺山修司さん主宰の「演劇実験室 天井桟敷」に所属し、数多くの舞台作品に出演。NHK大河ドラマ「武田信玄」「龍馬伝」などテレビドラマでも活躍した。長男で俳優の若松力(43)は16日、ツイッターに「父親は最期の最期までとても強く、とても優しい人でした」と投稿した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース