木梨憲武 ミッツ、マツコとのユニット計画が本格化 超大御所による楽曲が候補も「実は…」

[ 2021年4月17日 10:23 ]

木梨憲武
Photo By スポニチ

 とんねるずの木梨憲武(58)が17日、TBSラジオ「土曜朝6時 木梨の会。」に出演。ミッツ・マングローブ(46)、マツコ・デラックス(48)とのユニット計画が進行していることを明かした。

 この日、ミッツがゲスト出演。木梨は「ミッツと今ね、昨年の流れからマツコと会ったりして。どういう曲がいいかなとか、やってくれる?とか」とやりとりを始め、デモテープも作成して「ちょっとずつできあがってきた」という。楽曲は「宇崎竜童さんと阿木燿子さんからいただいた曲を3人で歌ったらどうだろうと。ビジュアルを想像したら興奮してきて。ミッツに聞いてもらったら、気に入っていただいて」と語った。

 ミッツも「すごいねって。マツコさんも“これはすごい曲だよ”って。(阿木燿子の詩は)男のだらしなさみたいなのを(表現していて)、最後に気づくんですよ男ってのは。困った時にね」とテンションが上がったことを明かし、木梨は「そういう深い詩を阿木さんにもらったんだけど、ミッツとマツコは深いところまでわかってくれるから。どうやって表現するかは2人とも(ちゃんと)やるからと。それで発表会したいわあ、みたいになって」と盛り上がったという。

 しかし、木梨は「実は宇崎さんに3人で歌うってまだ言ってない」と明かし、ミッツは「まだ言ってないの?!」と苦笑い。「阿木さんにも言ってない。宇崎さんの曲なんだけど許可とってない。たぶん言われないと思うけど、1人で歌えって言われたらどうしよう。でも絶対大丈夫!“3人で強く表現していくから、宇崎さん!歌わせて!”って言うから!代表して宇崎さんのところ行ってくるから!」と自らを奮い立たせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース