橋田さんしのび25日に「おしん」特番 総集編で出演者インタビュー

[ 2021年4月17日 05:30 ]

NHK「おしん」。左からおしんの中老年期を演じた乙羽信子さん、少女期を演じた小林綾子、青春~成年期を演じた田中裕子 
Photo By 提供写真

 NHKは16日、急性リンパ腫のため4日に亡くなった脚本家の橋田寿賀子さん(享年95)の功績を振り返る特別番組「橋田寿賀子さんをしのんで 『おしん』を振り返る」を25日に放送すると発表した。

 午後1時50分から6時まで4時間超に及ぶ長時間特番。橋田さんが脚本を手掛けた1983年の連続テレビ小説「おしん」の総集編(約3時間半)に、橋田さんと縁が深い出演者の座談会やインタビューを交えて放送する。司会は、橋田さんが手掛けたTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズでナレーションを務めた石坂浩二(79)が担当。同作や「おしん」に出演した泉ピン子(73)や伊東四朗(83)、小林綾子(48)がスタジオゲストとして登場する。81年のNHK大河ドラマ「おんな太閤記」に出演した西田敏行(73)はVTR出演する。

 同局は「NHKドラマは、橋田氏の主戦場の一つで、数々の名作がNHKドラマ史を彩っています」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース