藤田ニコル 猫背すぎて付いたあだ名は?「下を向いて歩きがちだから」

[ 2021年4月17日 19:51 ]

モデルでタレントの藤田ニコル
Photo By スポニチ

 タレントの藤田ニコル(23)が17日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「藤田ニコルのあしたはにちようび」(土曜後7・00)に出演し、新たなトレーニングに挑戦していることを報告した。

 普段からジムに通い、筋トレで外側の筋肉を鍛えているが、最近始めたのは深層筋のトレーニング。「骨の位置を元に戻す、あるべきところに戻すというの(トレーニング)に通って。いくら筋トレしても、姿勢が悪いとスタイルが良く見えないなって思って」と理由を説明した。

 小学生のころから芸能活動をしている藤田は、「急に声を掛けられるのが怖くて」と、外ではバレないように下を向いて歩いていた結果、猫背になってしまったという。姿勢の悪さから「エヴァンゲリオン」と呼ばれたこともあったそうで、「芸能人あるあるかもしれないけど、下を向いて歩きがちだから、自然と巻き肩になったりする。これからはバレてもいいように背中を張って生きようとは思ってる」と話した。

 最近は毎晩、寝る前に1時間、オンラインでレッスンを受けている。アシスタントのお笑いコンビ「タイムマシーン3号」山本浩司(41)から「毎晩1時間ってすごいね」と驚かれると、藤田は「すごいよね。自分、めっちゃドMなんだと思う。締め付けられた生活をしてる方が好きっていうか…。お休みは欲しいけど、詰め詰めに追いやられてる方が向いてるんだと思う」と打ち明けていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース