日テレ・河出奈都美アナ 芸名は「藤間勘玉奈」、今田耕司驚き「名乗っていいよ、と」

[ 2021年4月17日 18:40 ]

日本テレビの河出奈都美アナウンサー
Photo By スポニチ

 日本テレビの河出奈都美アナウンサー(24)が15日深夜放送の同局「アナザースカイ」(木曜深夜0・59)に出演。過去の芸名を告白し、MCの今田耕司(55)を驚かせた。

 2019年に入社し、現在「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)、「シューイチ」(日曜前7・30)などを担当。今回から木曜深夜に放送時間が変わった「アナザースカイ」のサブMCに就任した。

 番組冒頭、花をあしらったドレス姿で自己紹介すると、今田は「タレントさんみたいやんか~」とコメント。河出アナは、「いやいや、無理しています今日は。普段こんな着飾ってなんて」と返し、照れ笑いを浮かべた。

 ゲストは歌舞伎俳優・市川猿之助(45)だった。日本の伝統芸能に興味があるかと問われた河出アナは、「そうなんです。実は日本舞踊を10年間、習っていまして。藤間流」と打ち明けた。

 猿之助は「藤間流は日本にある中の大流派ですよ」と説明し、「名前、名取ですか?」と質問。「名取」とは芸道で技能を修得し、家元や師匠から芸名を許されることで、河出アナは「はい、名取は中学2年生の時ですかね。藤間勘玉奈(ふじま・かんぎょくな)という名前を」と語った。

 「ちゃんと名前を許されている、すごい」と猿之助は感嘆し、今田も驚きの表情で「名乗っていいよ、と」。河出アナは猿之助に対して、「厳しい世界でずっと続けてこられているというのがすごい」と、尊敬のまなざしを送っていた。

 同局公式サイトのアナウンサープロフィルによると、河出アナの特技は日本舞踊。「6歳から16歳まで続けました。一番の思い出は、最後の舞台で国立劇場に立たせていただき、1000人以上の観客の前で踊り切ったことです」とのコメントも紹介されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース