松本人志&若林正恭のタッグ番組第3弾放送へ 「とんかつDJアゲ太郎」の漫画家がビジュアルデザイン担当

[ 2021年4月17日 10:00 ]

漫画家・小山ゆうじろう氏が制作した番組キービジュアル(C)TBS
Photo By 提供写真

 ダウンタウン・松本人志(57)とオードリー・若林正恭(42)がタッグを組むTBS系バラエティー「審査員長・松本人志」の第3弾が28日(水曜後9・00)に放送することが決定した。

 同番組は昨年9月に土曜☆ブレイク枠で第1弾を放送、次いで今年1月には第2弾を放送し、いずれも大反響。松本が審査員長となり、これまで扱われたことがないジャンルのコンテストを勝手に開催し、松本が自ら体当たりで審査。優勝者には番組特製の「まつもトロフィー」を進呈するという前代未聞のコンテストバラエティ。普段は見ることのできない松本の体を張った審査が展開される。

 前回放送の「ステイホーム型室内アトラクションコンテスト」では、一瞬で砂が液体へ変化するアトラクション「瞬間落とし穴」や移動式の体験型アトラクション「どこでもバンジーVR」を松本が体当たりで審査。“絶叫”審査の松本、そして「(松本に)怒られるギリギリまでやってみよう」と目論むMCの若林。そんな2人の掛け合いにも注目だ。

 また、番組のビジュアルデザインを担当したのは代表作に「とんかつDJアゲ太郎」を持つ漫画家の小山ゆうじろう氏。小山氏は「思いがけず、こんなオモロBIGな番組のお仕事をいただけて、大大大光栄でした。お二人のイラスト、とても楽しく描かせてもらいました!放送が今からとても楽しみです!」とコメントを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース