神木隆之介 小学時代から抱える「結構大きな悩み」、克服に挑戦もまさかの展開…

[ 2021年4月17日 22:06 ]

神木隆之介
Photo By スポニチ

 俳優、神木隆之介(27)が17日放送の日本テレビ「1億3000万人のSHOWチャンネル」(土曜後9・00)に出演し、小学時代から抱えていたというコンプレックスを明かした。

 今回、神木は「自らがやりたい企画」を持ち込み、番組内で挑戦した。「小学校から抱えていたコンプレックスがあったんですけど、それを克服する企画に挑戦しました」と説明。「結構大きな悩み」として、「小学生のころから悩んでいたというか、実は…逆上がりが出来ないんですよね」と告白した。「1回はやっぱり回ってみたいな。どんな景色なんだろうなって、スゴイ思いますよね。回ったことがないから」ともこぼした。

 そこで、神木は体操クラブの教師に“弟子入り”。アドバイスを受けつつ、チャレンジを始めるとわずか10分ほどで1回転、成功した。「できたよ!」と喜びを表現するも、あっさりと成功するまさかの展開に、スタッフは「早すぎませんか?」と困惑した。

 スタジオの神木は、共演者に「なんでできちゃったの?」とツッコまれ、「僕、前日に動画を見て予習しまして。どういう力を持って、どういう意識を持ってやればいいかと、準備万端で行って」と満足気。バイきんぐ・小峠英二(44)は、「できた時さ、スタッフさんがひざまずいて(困惑していた)、あんなの現場でならない」と指摘し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月17日のニュース