×

ワッキー、過酷な闘病激白 さんまの笑顔で完全復活か

[ 2021年3月14日 11:15 ]

芸能「覆面座談会」 これが“噂の深層”

お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が1都3県で続く中、大スキャンダルが発生しました。“国民的アイドル”卓球の福原愛さん(32)に不倫疑惑が持ち上がったのです。嵐の二宮和也(37)には第1子となる女児が誕生、“加藤の乱”にはあっと驚く結末と芸能ニュースも盛りだくさん。いつもの覆面メンバーが舞台裏に迫ります。

 ワイドショーデスク 「ペナルティ」ワッキーのがんからの復帰インタビューは、スポニチさん独占だったね。

 本紙デスク 昨年6月に中咽頭がんを公表し「ステージ1」としていたが、思っていたよりはるかに過酷な闘病だったそうだ。

 リポーター 喉2カ所に転移していたんですって?それってもうステージ4じゃ?

 本紙デスク 検査の結果、ウイルス性ということが分かった。ウイルス性の中咽頭がんは、放射線や抗がん剤の効果が、他のがんに比べはるかに大きいそうで、その影響でステージ1になった。

 週刊誌記者 そのわりには、時間がかかったねぇ。

 本紙デスク 抗がん剤が体に合わなかったことが大きかったという話だ。吐き気や喉の渇きに悩まされた。蓄膿(ちくのう)症で、睡眠時に唾液が出ない代わりに鼻水が喉に落ち、呼吸ができなかったりしたそうだ。

 リポーター 強豪の市船橋高サッカー部で鍛えられ、プロを目指していたくらいの体力自慢。病気の方が逃げていきそうだけど…。

 本紙デスク 取材した記者によると「市船サッカー部で鍛えた体は、がんには全く通用しませんでしたね。元の体力は関係ない」と話してたって。

 ワイドデスク 復帰後は順調に仕事をこなしてる印象だが、まだ85%くらいなんだって?完全復活はいつになるのかな。

 本紙デスク その鍵を握るのが「お笑い怪獣」こと、明石家さんまだ。

 週刊誌記者 どういうことかな?

 本紙デスク 取材中に何度も、さんまが司会を務めるフジテレビのバラエティー「さんまのお笑い向上委員会」の名を口に出していた。「心身ともに一番キツい現場」だって。

 リポーター さんまのダメ出しに加え、動物園のような個性あふれるゲスト芸人、ムチャぶりの数々など、見てる方もハラハラですもんね。

 週刊誌記者 芸人としてイケてるかどうかのリトマス試験紙のような番組ですから。

 本紙デスク 常連として盛り上げていたワッキーだが、視聴者に見えないところも含めて「多数のトラウマがある」と言っていた。ある放送作家は「重圧に耐えて番組復帰して、さんまさんが笑ってくれたら、ワッキーも完全復活の手応えを感じるのでは」と話している。

 ワイドデスク 確かに向上委員会にはまだ出ていない。さんまに「病気してオモロなったやないか」なんて言われたら最高だろうね。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年3月14日のニュース