「天国と地獄」高橋一生の“変装”服にネット騒然 「踊る大捜査線」の青島!?

[ 2021年3月15日 01:41 ]

お馴染みカーキ色のモッズコート姿を見せる「踊る大捜査線」に出演した、織田裕二
Photo By スポニチ

 女優の綾瀬はるか(35)が主演を務めるTBS日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」(日曜後9・00)は14日、第9話が放送され、高橋一生(40)が演じる日高陽斗の服装にネットが沸いた。

 劇中で高橋が“変装”のため車中で着替える場面があったが、着替えた後の服装が、赤いネクタイのスーツ姿に黒のサイドゴアブーツ、カーキ色のモッズコートといういでたちだった。これは90年代後半からフジテレビ系で人気だった「踊る大捜査線」の主役、織田裕二(53)が演じる青島俊作の服装に似ているものだった。

 そのためネットでは「踊る大捜査線」がリアルタイム検索の上位に入り、ツイッターなどでも「日高の変装服って踊る大捜査線感あり過ぎじゃなかった?」「なんで日高、踊る大捜査線の織田裕二の衣装なの」「青島なんだけど…」「踊る大捜査線のコスプレすぎて、これは何かの伏線なのか、ただの過剰サービスなのか謎が深まりすぎて、ストーリーの考察する余裕がない」「令和になってもドラマで踊る大捜査線の青島コートが観れるなんて、踊るファンとしてはありがたい限りです!」という声や、その服は溝端淳平(31)演じる八巻英雄が持ってきたため、「八巻、刑事になったのって、踊る大捜査線好きだったからなんじゃ…」などの声が溢れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月14日のニュース