蛭子能収 認知症改善プロジェクトで“脳育”に挑戦「いつまでも働いて稼ぎたい」

[ 2020年9月30日 15:00 ]

「主治医が見つかる診療所」に出演した蛭子能収(左)と東野幸治(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 テレビ東京は10月1日に、医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所3時間半スペシャル~蛭子能収 認知症改善プロジェクト!~」(後6・25)を放送する。

 今回のゲストは、認知症診療の専門病院で認知症と診断された漫画家でタレントの蛭子能収(72)。蛭子の「いつまでも働いてお金を稼ぎたい!」という意をくみ認知症改善プロジェクトを行う。

 番組では専門医、東野幸治(53)と今話題の最新スポットを巡り、簡単で楽しめる“脳育”に挑戦する。懐かしの駄菓子やレトロゲーム、料理をしながら脳を活性化する方法を紹介。さらに食べるだけで“脳育”になる食材も登場する。

 この番組は、毎回様々な専門分野の現役医師が集結し、医療・健康にまつわる情報をわかりやすく解説。病気やけがへの不安を解消したいという悩みを解決するための、健康情報を紹介している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月30日のニュース