欅坂46石森虹花、卒業の思い告白「新しく挑戦していきたいことが見つかりました」

[ 2020年9月30日 14:22 ]

「欅坂46」の石森虹花
Photo By スポニチ

 女性アイドルグループ「欅坂46」の石森虹花(23)が30日、自身のブログを更新。あらためて卒業について報告した。

 「ファンの皆様へ」と題して、7月30日以来、2カ月ぶりの投稿。まずは8月21日で同グループが結成5周年を迎えたことに「遅くなりましたが、改めていつも支えて下さっているファンの皆様ありがとうございます」と感謝し、「とても長いようであっという間の5年間で、本当に幸せな日々でした。何気ない日常もすごく鮮明に覚えています」と振り返った。

 同グループは今年7月にグループの改名と再出発を発表。今月20日には新グループ名が「櫻坂46」に決定していた。10月12、13日に開催されるライブで「欅坂46」としての5年間の活動を終える。

 石森は「これから欅坂46は櫻坂46へと新しく生まれ変わります」としつつ、「しかし、もう一度これからの自分は何がしたいのかじっくり考えた時に新しく挑戦していきたいことが見つかりました。私、石森虹花は欅坂46が終わると同時に卒業させて頂くことになりました」と報告。

 「ファンの皆様はどんな時も大きな愛で受け入れて下さり、心強い存在でした。出会って下さり、本当にありがとうございます。握手会やファンレター、メッセージアプリのレターでの温かい言葉本当に心が救われました。このグループの1人として活動出来たことに感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを記し、「今後進んでいくメンバーを私はファンの皆様と一緒に見守っていきたいと思います。そして、私自身新しい道を見つけ前進して行きたいと思っております」と伝えた。

 最後は「またいつか皆様の前で『ありがとう』を伝えられる日が来るように一生懸命努めていきます」と書き込み「5年間本当にありがとうございました!」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2020年9月30日のニュース