いたずら好き玉木宏、広瀬アリスも標的に ヒロミ「ブチ切れる女優さんいたらどうするの?」

[ 2020年9月30日 12:43 ]

俳優の玉木宏
Photo By スポニチ

 俳優・玉木宏(40)が29日放送の日本テレビ系「うちのガヤがすみません!」(火曜後11・59)にゲスト出演し、いたずら好きな一面を披露した。

 番組ではお笑いコンビ「チョコレートプラネット」松尾駿(38)が、韓国の音楽プロデューサーJ・Y・パークに扮し、タレントにいたずらを仕掛ける新コーナーがスタート。いたずらにまつわるエピソードを聞かれた玉木は、「ドラマだと仲良くなる時間がないまま撮影に入っちゃったりして、でも仲良くなってる方が楽かなと」と、コミュニケーションの手段としていたずらを使うことがあると打ち明けた。

 過去に玉木が“標的”にしたのは、映画「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」で共演した広瀬アリス(25)。「広瀬アリスちゃんには、ゴキブリを模造したおもちゃを仕込んでおいたりとか」。少年のようないたずらを仕掛け、そのリアクションから距離を縮めるという。

 タレントのヒロミ(55)が「それでブチ切れる女優さんとかいたらどうするの?」と驚くと、玉木は「一応相手は見極めて、大丈夫そうかなっていう…」と明かしていた。

 番組には、玉木が主演を務める10月11日スタートの同局系ドラマ「極主夫道」で共演する女優・川口春奈(25)も出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月30日のニュース