福山雅治 波瑠主演ドラマ主題歌を歌う 久々の恋に揺れ動く気持ち表すラブバラード

[ 2020年9月30日 05:00 ]

主題歌「心音」を歌う福山雅治
Photo By 提供写真

 デビュー30周年イヤー中の歌手福山雅治(51)が、10月スタートの女優・波瑠(29)が主演する日本テレビドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(水曜後10・00)の主題歌を歌う。

 タイトルは「心音(しんおん)」。「HELLO」「桜坂」など多くのラブソングを持つ福山が得意とするラブバラードだ。♪恋なんてしないって決めてたんだよ だから最初は知らなかったよ こんなにも こんなにも 君のこと好きになってたんだって――と切なくも力強く歌う。

 SNSで知り合った男女の恋を描くドラマ。主人公は「一人でも平気」と長く恋愛をサボってきた産業医の女性だ。台本を読んだ福山はテーマを「生きていく上で“恋愛”の必要性とは?」と据え、久々の恋に揺れ動く気持ちを表現した。

 まさに主人公の心に寄り添う一曲。福山は「一度生まれた“恋心”は、まるで心臓が脈打つかのように止められない。でも、戸惑いもある…。そんな主人公をイメージしました」と明かした。

 「心音」という言葉については「“生まれたての命の音”とでも言いますか、か弱く繊細な、だけど確かな命が宿っているというイメージ」と説明。始まったばかりの主人公の恋に重ねたタイトルで「少しでもドラマの盛り上がりのお手伝いができれば」と話している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月30日のニュース