竹内結子さん訃報…SMAPファンにも悲しみ広がる「欠かせない存在」ドラマ、映画で共演多数

[ 2020年9月27日 14:42 ]

竹内結子さん
Photo By スポニチ

 女優の竹内結子さんが27日に40歳で死去したことを受け、2016年いっぱいで解散した「SMAP」のファンにも大きな衝撃と悲しみが広がった。

 竹内さんは2001年にTBS系ドラマ「白い影」で中居正広(48)と共演したほか、03年に映画「黄泉がえり」で草なぎ剛(46)、04年にフジテレビ系ドラマ「プライド」で木村拓哉(47)、08年のフジテレビ系ドラマ「薔薇のない花屋」で香取慎吾(43)の相手役を演じた。フジテレビ系「SMAP×SMAP」などバラエティ番組での共演も多く、SMAP解散後に木村が初主演した2017年のTBS系ドラマ「A LIFE~愛しき人~」でも元恋人役として共演している。

 中居は昨年4月6日に放送されたニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11:00)では、同3月に終了した日本テレビ「ナカイの窓」最終回と兼ねて行った同局「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)のハワイロケにサプライズゲストとして登場した竹内さんも交えて収録後に食事に行ったことを明かし「初めて竹内結子ちゃんとお酒飲めてすっげーうれしかった。すげー…すげーいい子だった。良かった、一緒にお酒飲めて」と話していた。

 そのため、ネットには「SMAPとの共演作品が多すぎて好きと言うかいてあたりまえだと思ってた」「SMAPに欠かせない存在」「SMAPメンバー、大ショックだと思う」「またみんなと共演見たかったです」と悲しみの声が続出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月27日のニュース