田原可南子 父・田原俊彦が輝く瞬間「1年で2回だけはかっこいいなって」

[ 2020年9月27日 15:57 ]

歌手でタレントの田原俊彦
Photo By スポニチ

 女優の田原可南子(26)が27日放送の関西テレビ「マルコポロリ!」(日曜後1・59)に出演し、父・田原俊彦(59)の日常について語った。

 一時代を築いたスターでもある父も、家では「いつもだらだらしてるというか、のんびりしている姿ばかり小さいころから見てる」という。ところが、ひとたびステージやファンの前に立つと、父は一変するという。「たまにコンサートに行くと、『わあっ』てなりますね。毎年ディナーショーと夏のコンサートは行くのが決まりで、1年で2回だけはかっこいいなって。輝いてる」と笑顔で告白。するとMCの東野幸治(53)は「普通のお父さんは2日も輝いてない」と話し、月亭方正(52)も「娘に言われること、ないで。かっこいいって」とうらやましそうだった。

 自身が失恋し、友人の家で泣いていた時には、父から電話がかかってきたという。「『いつもかわいいから』と言われると思って暴露したら、『お前に魅力がないからだよ。もっとかわいくなれ!』みたいな活を入れられて」。期待した慰めの言葉はなかったという。魅力を磨き上げてスターダムに上がった父らしいエピソードだが、それ以来は父に悩みの相談はしていないという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月27日のニュース