「Aマッソ」10.13初の冠ラジオ番組スタート 生放送で深夜に160分間

[ 2020年9月27日 10:00 ]

「Aマッソ」加納(左)と村上
Photo By スポニチ

 「M―1グランプリ」「キングオブコント」でともに準決勝へ進出した女性コンビ「Aマッソ」の初となる冠ラジオ番組が10月13日、スタートする。MBSラジオ「Aマッソの両A面」(火曜深夜2・00)で、エッジの効いたネタでお笑いファンに支持される2人のトークに注目が集まりそうだ。

 メンバーの村上愛(32)、加納愛子(31)はともに大阪市住吉区出身で、小学校からの幼なじみ。現在は東京で活躍する2人が、慣れ親しんだ地元・大阪から生放送で深夜に160分間しゃべりまくる。

 加納はwebちくまでエッセー「何言うてんねん」を連載中。そのエッセーをまとめた書籍「イルカも泳ぐわい。」(筑摩書房)を11月に出版予定だ。「会議の結果、これからのAマッソは“故郷大事にしまくるキャラ”になりました。おかんが聴けるラジオが一番です」と意気込みを語った。

 村上は「甘みとうまみが凝縮されてます。ソースねぶりながら聴いてね」と呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月27日のニュース