草なぎ剛、コロナ禍のイベントで声援なく「アイドルを卒業したのかと」

[ 2020年9月27日 16:00 ]

映画「ミッドナイトスワン」公開記念舞台あいさつに出席した草なぎ剛
Photo By スポニチ

 俳優の草なぎ剛(46)が27日、都内で行われた映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)公開記念舞台あいさつに出席。観客を会場に入れてのイベントとなったが、新型コロナウイルス感染防止のため歓声など声は出せず。草なぎは「登場した時に声援がなかったのが生まれて初めて」とコロナ禍特有の雰囲気に苦笑した。

 初めての環境に少し戸惑った様子の草なぎだったが、「(歓声がなくて)僕はもうアイドルを卒業したのかと思った」とジョーク。しかし、声を出してのリアクションが出来ない観客は静かなままで、「これは受けているのか、スベっているのかまったくわからない状況なんですけど、大丈夫ですか?」とファンを思いやり、「劇場に足を運んでいただき感謝。たくさんの方が努力してこの作品が届けられることを幸せに思う」と語った。

 映画ではトランスジェンダー役に初挑戦。育児放棄に遭った少女と出会い、次第に母性も目覚めていく難しい役どころだったが「普通は考えないとできないけど、何も考えずに演じられたのは初めての経験だった。(共演者に)引っ張ってもらった。一人で作るものではなく、みんなで一つの方向に向かっていると奇跡が起こる」と感謝した。

 ネグレクトの母親を演じた水川あさみ(37)は「心が痛かったです。殴ったりしなきゃだったので」と回想。草なぎは「お互い違う立場の母親役で、あさみちゃんは見事に演じている。迫力がめちゃくちゃあって怖かった。振り切って演じているので、それがクライマックスのシーンで画面から伝わってくる」と演技を絶賛していた。舞台あいさつには本作で女優デビューとなった服部樹咲(14)、内田監督(49)も登壇した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月27日のニュース