「半沢直樹」最終回 中野渡頭取が前作ラスト回収!半沢出向の理由明かす「君は頭取になる男 未来託した」

[ 2020年9月27日 22:09 ]

日曜劇場「半沢直樹」最終回。中野渡頭取(北大路欣也)(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の堺雅人(46)が主演を務めたTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)は27日、15分拡大で最終回(第10話)を迎え、完結した。

 最終回は、伊勢志摩ステートから箕部幹事長(柄本明)への金の流れが記された決定的証拠は、大和田(香川照之)と中野渡頭取(北大路欣也)の計らいにより箕部の手に戻り、握りつぶされる。怒りに燃えた半沢(堺)は3人に対し「1000倍返し」を誓うも、帝国航空再建プロジェクトから外されてしまう。頭取にまで裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢だったが、森山(賀来賢人)と瀬名(尾上松也)に背中を押され、もう一度立ち上がり、闘うことを決意。そして渡真利(及川光博)と共に紀本常務(段田安則)の居場所を突き止めるが、ある衝撃の事実にたどり着く。しかし、中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前。運命の最終決戦。待つのは、バンカーの誇りと正義、そして銀行の未来を懸けた全身全霊の1000倍返しか?辞表か?…という展開

 (※以下、ネタバレ有)

 中盤、中野渡が敢えて箕部に証拠を渡し、大和田に箕部の隠し口座を探るよう命じていたことが判明。2013年7月期に放送された前作最終回、半沢に不正を暴かれた大和田を降格処分にとどめ、銀行を残した理由、半沢に東京セントラル証券への出向を命じた理由も明らかになった。

 大和田を残したのは「行内融和」「旧Tの問題融資の実態調査」の狙いがあった。中野渡は「彼(大和田)は超一流のバンカーだ。奥さんのことで道を踏み外してしまったが、ここで終わらせては大きな損失だと考えた。大和田君も心を入れ替え、私のためならと(調査を)引き受けてくれた。で、君がどうして(銀行を)出されたか、だ。まず、あれ(土下座)は少しやり過ぎた。あの時、私が静止したにもかかわらず、役員たちの面前で大和田君に土下座をさせた。あのまま君を残しても、大和田君の派閥の者たちが黙ってはいなかったろう」と半沢に説明した。

 そして「もう1つは証券の世界を見せるためだ。金融は銀行と証券で成り立っている。この世界で生きていくなら、証券を知ることは必ず君の力になる。外の世界から何が見えた?」と問い掛けると、半沢は「大銀行の名にあぐらをかいた銀行の怠慢さがよく見えました」。中野渡は「半沢、君はいずれ頭取になる男だ。私は、大和田君には当行の過去を、そして君には未来を、それぞれ託した。その未来まで…もう少しだったんだかなぁ」と口惜しそうに語った。

 半沢は「私の進退など、どうだっていいことです。ですが、頭取。あなたは違います。東京中央銀行の先頭に立つあなたが、権力に屈するなど、あってはなりません。まだ手はあります」と諦めなかった。

 新シリーズ全10話は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が有料配信。無料見逃し配信サービスを行う民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」「TBSFREE」は最終回を無料配信(1週間限定)。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月27日のニュース