「勉強している」羽生九段 藤井2冠に3戦3敗も“千倍返しの秋” 王将戦挑戦者決定リーグ22日開幕

[ 2020年9月22日 05:30 ]

王将戦 挑戦者決定リーグ

王将戦挑戦者決定リーグの初戦で藤井2冠と対局する羽生九段(撮影・吉田剛)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦7番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)で渡辺明王将(36)の対戦相手を決める挑戦者決定リーグは22日、東京都渋谷区の将棋会館で行われる藤井聡太2冠(18)―羽生善治九段(49)戦で開幕する。永世7冠資格保持者の羽生にとって藤井は過去3戦3敗(未放映対局を除く)と分が悪い相手だが、竜王戦7番勝負挑戦者に決定したばかりで上昇ムード。熱戦の期待度は120%だ。

 竜王戦挑戦者決定戦を制した19日夜の記者会見では興味深いやりとりがあった。藤井に代表される若手棋士の台頭を受け、世代間ギャップの意識を尋ねられた羽生は「同年代でも久保(利明九段=45)さんが王座に挑戦中。同世代が変わらずに活躍している。あまり世代にこだわらず目の前の一局一局を一生懸命やっていくだけ」と力強く回答。藤井の活躍は刺激になるのか、の質問には「刺激というか、2冠ですから実績を残している。(藤井の)日々の対局や棋譜を見て参考にしている、勉強しているところです」とコメントした。

 可愛い後輩として藤井を意識しているわけでは決してない。あくまで倒すべき相手の一人に見なしている。眼鏡からのぞく柔らかい瞳の奥に燃えたぎる熱い思いが隠されている。

 18年暮れに竜王位を失冠以来、タイトル戦出場すら逃していた。無冠の2年間については「移動が少なくなって体調面では楽になったというのはあります」と明かすが、今後は忙しい日々が復活する。竜王戦は10月に2局、11月に3局。2日制なので移動を含めれば1局につき4日間の拘束だ。この間に王将戦挑決リーグが計6局。かつてのハードスケジュールに再び身を置く羽生は「その辺りどうなるかはやってみなければ分からないですが」と苦笑いするものの、タイトル獲得通算100期に向けて意欲満々だ。

 この数カ月の将棋界は藤井の活躍一色に塗りつぶされていた。だが羽生の存在感が薄れたわけではない。倍返し、いや千倍返しの秋がいよいよ始まる。 (我満 晴朗)

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月22日のニュース