ひふみん 王将戦挑戦者決定リーグ開幕戦に「聡太さんは自信があると思っているかもしれません」

[ 2020年9月22日 16:17 ]

元将棋棋士でタレントの加藤一二三・九段
Photo By スポニチ

 「ひふみん」こと棋士の加藤一二三九段(80)が22日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」(月~金曜後1・45)に生出演し、第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグの行方を占った。

 渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=への挑戦権を争う注目の初戦は藤井聡太2冠(18)と羽生善治九段(49)の黄金カード。加藤九段は「先手で有利な藤井2冠に対し、羽生九段がどういう作戦を構築し、流れを変えるかがカギになる」と予想。

 「藤井さんは王将戦のタイトルをとると3冠になるから九段に昇段する。だから一番、王将獲得を狙っているのは聡太さんだと思います。羽生さんは竜王戦の挑戦者になったから王将戦のリーグは気楽に戦える。気楽に戦えると勝負は勝つんですよ。プレッシャーがないんだから」とみている。

 一方で「今のところハッキリ言って大接戦ですけれども、もしかしたら聡太さんは自信があると思っているかもしれません」とも語った。

 挑戦者決定リーグは、7人全員が戴冠者またはタイトル経験者という凄い顔触れがそろう。2カ月にわたって繰り広げられる21局全てが天王山だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月22日のニュース