与沢翼氏 コロナ禍での資産10億円損失は「全部取り戻しました」 資産増「ものすごいリバウンド相場」

[ 2020年9月22日 14:27 ]

与沢翼氏(与沢翼氏公式インスタグラムより)

 実業家の与沢翼氏(37)が21日に放送されたテレビ朝日「かみひとえ」(月曜後11・15)最終回に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて被った資産10億円の損失を「全部取り戻しました」と語った。

 昨年8月に放送された同番組では、無一文だったどん底時代から復活した現在の与沢氏の私生活を放送。「純資産は75億ぐらいかな。30億円が現金になるもの、45億円が不動産」と投資家として成功を収めたことが明かされた。一方で、今年5月27日に出演した際には、コロナ禍で「(資産が)今まで一番減りました」と打ち明け、「投資は2億数千万くらい損切りして、資産80億が70億になったぐらい」と告白していた。

 この日は、滞在しているタイ・バンコクから中継で出演。失った10億円について「結論から言うと、全部取り戻しました」と報告し、詳細を「株式が2億円を損切りしたんですけど、そこから4億稼いだんでプラス2億円。不動産の方はマーケットがまた戻ってきているから含み損益が消えて、仮想通過で1億円を稼いだりした」と説明した。

 結果的にはコロナ禍でも「前回(同番組に)出た時より資産が増えました」と伝え、「半年間で、この10年で見たことないくらい儲かったんで、ものすごいリバウンド相場。経済は悪いけど金融相場はものすごい良かった。生きている間に見られないくらい強く戻った」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月22日のニュース