松大航也がバスケ界のスター役 「ドクターX」スピンオフ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

バスケットボール界のスター役でドラマ「ドクターY…」への出演する松大航也
Photo By 提供写真

 俳優の松大航也(21)が、テレビ朝日ドラマ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」(10月4日後9・00)に出演する。同局の人気シリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」のスピンオフ第5弾。医療ドラマは初めてで「麻酔で眠るシーンも初挑戦だったのですが、眉毛とかまぶたが動かないか心配でした」と振り返った。

 17年に俳優デビューし、4月にはドラマ「GARO―VERSUS ROAD―」(東京MXなど)で初主演を務めるなど人気上昇中。今作では、血管の大病にかかったNBA入りが確実視される若きバスケットボール界のスター役を演じる。

 11年間、バレーボールに取り組むなどスポーツ万能で、将来はアクションもできる俳優を目指している。持ち前の運動神経を生かし、役作りのために約2週間ほぼ毎日、コートのある都内の公園に通ってバスケットボールを猛練習した。「バスケを好きな気持ちや、バスケに対する自信を考えながら挑みました」と気合を入れて撮影に臨んだ。

 ◆松大 航也(まつだい・こうや)1999年(平11)9月4日生まれ、三重県出身の21歳。17年にフジテレビ系ドラマ「オーファン・ブラック~七つの遺伝子~」でデビュー。19年に「見えない目撃者」で初の映画出演を果たした。趣味は筋トレ。1メートル80、血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年9月22日のニュース