渡辺明王将が初の名人位奪取「実感はない」 自己最多タイ3冠に復帰

[ 2020年8月15日 18:08 ]

渡辺明2冠=王将、棋王
Photo By スポニチ

 豊島将之名人(30)=竜王と2冠=に渡辺明王将(36)=棋王と2冠=が挑む将棋の第78期名人戦7番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)第6局は15日、大阪・関西将棋会館で2日目が指し継がれ、99手で渡辺が勝った。渡辺は名人挑戦権を争うA級順位戦9期目での初挑戦を実らせた。7月16日、藤井聡太七段(当時)に棋聖を奪われ、2冠に後退したが1カ月あまりで自己最多タイの3冠へ復帰した。

 渡辺は「(敵陣に)と金ができて見た目にはよさそうかなと思っていた。初挑戦だったこともあって、今まで意識することもなかった。(名人奪取の)実感はない」と淡々と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月15日のニュース