宝塚歌劇団 15人目のコロナ感染 花組「はいからさんが通る」出演者

[ 2020年8月15日 17:05 ]

宝塚大劇場
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇団は15日、31日まで公演中止を発表している花組公演「はいからさんが通る」(兵庫・宝塚大劇場、9月5日千秋楽)の出演者1人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 これまで同公演では出演者、スタッフ計12人の感染者が確認されており、この日の1人を加えて13人。歌劇団では星組1人、雪組1人が感染しており劇団全体では計15人がコロナに感染した。いずれも軽症で重症化している者はいない。

 歌劇団によると、新たに陽性が確認された花組生1人は、3日にPCR検査を受け5日、陰性の判定が出た。その後も自宅待機していたが、11日になって味覚異常を感じ12日、自主的にPCR検査を再び受けたところ14日、陽性が判明したという。

 花組に関しては2日朝、体調不良者が出たため、その日から急きょ公演を中止。その後、12人の陽性が判明し兵庫県からはクラスター(感染者集団)発生と判断され14日には、「31日までの公演中止」が決定したばかりだった。東京宝塚劇場での星組公演は20日まで公演を中止、大阪・梅田芸術劇場で17日に開幕予定だった雪組公演はいったん開催を見合わせ、代替日程での上演を検討している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月15日のニュース