田中みな実 ラジオ収録遅刻のコトブキツカサに強烈皮肉「1時間ちょっとしか待ってません」

[ 2020年8月15日 19:44 ]

フリーアナウンサーの田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサー田中みな実(33)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「田中みな実 あったかタイム」(土曜後6・30)の15日放送で、ゲストが遅刻するハプニングが起きた。

 この日は映画パーソナリティーで俳優のコトブキツカサ(46)がゲストで出演予定。田中はオープニングトークで、「本日のゲストは映画パーソナリティーのコトブキツカサさん…ですが、まだ、スタジオにいらしていません。どうやら、マネジャーさんが時間を伝え間違えてしまったみたいで、今急いで向かっているということですが」とリスナーに現状を報告した。

 放送は収録だったが、スタジオの使用時間や田中自身の収録後のスケジュールもあって動かせず、やむを得ず田中1人で収録をスタートした。「皆さんに心温まる瞬間をお届けします」がキャッチフレーズの番組だが、田中は冷や汗状態。「コトブキさん、来るといいなあ…」と、心の声をつぶやきながら進行した。

 コトブキは開始約3分後、バタッと扉が開く音とともにスタジオ入りした。慌てるあまり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため設置されたアクリル板を吹っ飛ばすハプニングも。コトブキが「おはようございます!ほんとすみません!」とあいさつすると、田中は大笑いしながらも「1時間ちょっとしか待ってませんから」と皮肉たっぷりに返答。コトブキは「いきなりパワーバランスできちゃってるな…」と申し訳なさそうに返した。

 コトブキによると、番組の収録は14時開始予定だったが、コトブキには間違えて16時開始と伝わってしまったという。本来の入り時間には、コトブキはヘアメイクのため美容院に行っており、「マネジャーさんから電話が来て、死にそうな声で『コトブキさん、今どこですか?』って」と状況を説明した。コトブキのヘアメイクは始まった直後で、終了後に急いで移動したものの、収録開始には間に合わなかったという。

 コトブキは「スタジオに入って3秒で始めてるんだけど、これも放送されてるのね?」と確認。「本当にごめんなさい」と再び謝っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月15日のニュース