「3時のヒロイン」リーダー福田麻貴に、ゆめっちがぶっちゃけ「“服従”せざるをえないかなって」

[ 2020年8月15日 17:34 ]

「3時のヒロイン」(左から)ゆめっち、福田麻貴、かなで
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「3時のヒロイン」が、15日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜後2・28)に出演。リーダーの福田麻貴(31)へ、かなで(28)が感謝するなか、ゆめっち(25)が含みのある表現で思いを伝えた。

 第3回「女芸人No.1決定戦 THE W」で優勝し、ブレイクを果たしたトリオ。ネタ作りを担当している福田について、かなでは「包み込んでくれてお母さん的存在。ネタとかも全部やってくれているから、プロデューサーみたいな感じもあります」と感謝の思いを打ち明ける。これを聞いた福田は「女版ジャニーさんやん!」とまんざらでもない様子で喜んでいた。

 ただ、ゆめっちの方は思うところがあるそうで、パネルには「服従せざるをえない」と映し出される。ゆめっちは「最初の方は(福田)麻貴から『私と組めば売れるから、ついてこい』って言われて。本当に売れそうだなと思っていたんです」とキラキラな未来を思い描いていたという。

 しかし、実際は「『ふつうはこうやで』『ゆめっち、ふつうにやって!』とか言われることが多くて。“ふつう”って何って、悶々としてたんです」と葛藤の日々だったという。「結局ここまで大きく育ててくれたし、いい結果なんで服従せざるをえないかなって」と独特な表現で思いを伝えると、福田は「こんな感謝の言葉を“服従”って表します?」と返し、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月15日のニュース