さや香・新山士彦、憧れ松本人志との“初対面” トイレで遭遇「おはようございますって、よく見たら」

[ 2020年8月15日 15:23 ]

ダウンタウンの松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さや香」の、新山士彦(28)が15日放送の関西テレビ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(土曜後1・59)に出演。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)との“初対面”で起きた赤面エピソードを語った。

 新山は「中学生の時から松本さんに憧れていて。書道の時間、四文字熟語とかで“松本人志”って書いてたんです」というほどの熱烈なファン。「M-1グランプリ2017」の決勝進出により、念願の初対面を果たすことになったという。

 「決勝の直前にトイレに行ったら松本さんがいらっしゃって。『ここで会うとは!』と思って、いったんドアを閉めたんです」と急な遭遇に動揺。「どうしようと思っていたら、松本さんが出てきたんです。それで『おはようございます!』ってあいさつしたら、よく見たら審査員の“春風亭小朝”師匠だったんです」とまさかの人違いだったという。

 「金髪で坊主やから後ろ姿見間違えて『すいません!間違えました!』って言ってもうたんです。(あいさつは)間違えではないのに。やっぱり点数ちょっと低かったんですね」とボヤき、笑いを誘っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月15日のニュース