坂東玉三郎 「麒麟がくる」で初TVドラマ出演 「どんな役作りができるのか今考えている最中」

[ 2020年8月15日 05:30 ]

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に正親町天皇役で出演する坂東玉三郎
Photo By 提供写真

 歌舞伎俳優の坂東玉三郎(70)が、30日から放送を再開するNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)に出演する。14日に同局が発表した。第106代天皇の正親町天皇役。玉三郎にとっては初のテレビドラマ出演となる。

 2012年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。人間国宝が大河ドラマに出演するのは、極めて異例。玉三郎は「出演者の皆さまは映像に慣れている方々なので、その中で私がどんな役作りができるのかということを今考えている最中でございます」と役作りに励んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月15日のニュース