女子アナに広がる「おむすびバトン」三田アナが竹内アナがハイレベル投稿 岡副アナは「不器用で…」

[ 2020年4月30日 20:18 ]

尾崎里紗アナ公式インスタグラム(@ozaki.risa)より

 新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛が続く中、女子アナの間で一日も早い終息を願う「#祈りのおむすびバトン」が広がっている。インスタグラムで各々が自作のおにぎりを披露し「おいしそう!」と話題を呼んでいる。

 「#祈りのおむすびバトン」は、フリーアナウンサーの岡副麻希(27)がタレントの丸山桂里奈(37)から受け継ぎ、女子アナへとどんどん受け継がれたもの。岡副アナは「ご覧の通り、私は不器用です」と不揃いながらも温かみのある5個のおにぎりを投稿し、フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(32)にバトンタッチ。三田アナは鮭とのりのシンプルなおにぎりを投稿すると、バトンは三田アナと同じ11年入社のTBS・吉田明世アナウンサー(32)へ。吉田アナは彩り豊かな5種類のおむすびを投稿し、同じ事務所の先輩である竹内由恵アナウンサー(34)へ。竹内アナが豚肉、三つ葉、生姜の炊き込みご飯を投稿すると、竹内と同期の小熊美香アナウンサー(34)がバトンを受けた。

 小熊アナは和風な皿に食欲をそそる3種類のおにぎりを披露し、「妹のような存在」の日本テレビ尾崎里紗アナウンサー(27)へ。尾崎アナは塩昆布とかつお節を使用し「よろこんぶ」「勝つ」と願いを込めたかわいらしいおにぎりを披露し、コロナの一日も早い終息を願った。

 三田アナは「ステイホーム週間。人との距離が求められますが、人の心と心が結ばれ続けますように」とメッセージ。外出自粛が続く中、ほっこりとした企画に「おいしそう!」「みんな器用ですね」と称賛のコメントが多く寄せられた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年4月30日のニュース