ナイナイ岡村が謝罪 風俗嬢発言に批判殺到でNHK“降板危機”

[ 2020年4月30日 05:30 ]

ラジオでの発言を所属事務所の公式サイトで謝罪したナインティナイン岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」岡村隆史(49)が29日、女性蔑視などと批判を受けていた23日深夜のニッポン放送「オールナイトニッポン」での発言について「世の中の状況を考えず、また苦しい立場におられる方に対して大変不適切な発言だった」と謝罪コメントを発表した。

 所属事務所の公式サイトで「不快な思いをさせた方々に深くお詫(わ)び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と陳謝。所属事務所は、岡村と面談を行ったと明かし「岡村自身発言を深く反省しております」としつつ「新型コロナ禍で仕事に対する不安を覚えている方々に不快な思いをさせてしまう不適切な発言」とした。

 岡村は番組で「コロナが終息したら絶対面白いことがある。美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」「短時間でお金を稼がないと苦しいですから」と、新型コロナの影響で収入が減った女性らが風俗業に就く可能性があると話し批判を受けていた。

 関係者によると、岡村は現在、週1回のペースで「オールナイトニッポン」や他の出演番組などの仕事をしており、他は自宅で過ごしている。「体調に問題はないが、猛省しており精神的に落ち込んでいる」という。

 岡村の出演番組を抱える放送局には苦情が殺到している。テレビ局関係者によると、人気番組「チコちゃんに叱られる!」や大河ドラマ「麒麟がくる」を放送するNHKには「相当数のクレームが寄せられている」という。

 「チコちゃんは教養的要素が強く老若男女対象の番組だけに風当たりが強い。受信料で成立している局だけに、視聴者の声には敏感」と同関係者は“降板危機”も示唆。大河では主役の明智光秀を助ける忍びという重要な役を担うが、現在コロナ禍で撮影が止まっていることもあり、今後について慎重に検討する意向だ。

 岡村は30日深夜放送の「オールナイトニッポン」で改めて謝罪する予定。岡村の番組を抱えるテレビ局社員は「この謝罪を番組存続の判断材料にする」と話しており動向が注目される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月30日のニュース