新型コロナ感染の速水けんたろう「すっかり元気」もPCR検査は「2回の実施でまだ陽性」

[ 2020年4月30日 11:53 ]

速水けんたろう
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスへの感染を公表している、NHK「おかあさんといっしょ」で“8代目歌のお兄さん”を務めた歌手で声優の速水けんたろう(58)が29日、所属事務所の公式サイトで、経過を報告した。

 速水は「日頃お世話になっておりますスタッフ・関係者の方々、そしていつもたくさんの応援をして頂いてるファン皆さま、ご心配をおかけしてすみません」と謝罪しつつ「病状が一進一退のところがあり、一時期悪い方向に向かった時もあったので、なかなか経過をお伝えしづらいところもありましたが、今はすっかり元気を取り戻したので、現状をご報告させて頂こうということになりました」とつづった。

 「すっかり元気になって落ち着きを取り戻し、PCR検査を実施するところまで来ましたが、2回の実施でまだ陽性です。う~ん、なかなかしぶとい!」としつつも「でも、まもなく陰性になると思うのでご安心して頂けたらと思います。そして、退院したらあらためてご連絡ご報告させて頂きます」とした。

 さらに「ご承知の通り、この病気は平熱が続いたとしても 突然容態が悪化したりするケースも増えているようです。一緒に入院している妻も私と同じような経過にあったのですが、発症して高熱が11日間も続いたあと、平熱に戻り安堵していたところ突然39度以上の高熱が3日間続きました。今はまた平熱に下がって落ち着いていますが、本当に気が気ではありませんでした」と回顧。「この病気は完治の声を聞くまでは予断を許さないとても恐ろしい病気だと思います。かなりしぶといです」とし、「なので、皆さん!普段の生活、とても厳しい状況を強いられていると思いますが、神経質すぎるぐらいに気をつけて下さい。そして、絶対に感染しないで下さいね!」とつづった。

 「どこでうつってしまったのか、、、もしかしたら、自分も知らない誰かにうつしてしまったのでは?と思うと胸が痛みます。どこにも出掛けないで家にいた妻や家族にうつしてしまったのは本当に悔やまれるところです。自分がかかり、家族にうつしてしまう。こんないたたまれないことはありません」と複雑な心情を吐露。「なので皆さん、くれぐれも気をつけて下さいね! みなさん、もうすぐ完全復活してまたステージに立ちたいと思います。元気に歌う姿を是非、観てほしいです!歌いたくて、みんなに会いたくて、そんな気持ちでいっぱいです!応援してくださるファンのみなさま、あと少しだけ待っていて下さいね!」と呼びかけた。

 速水は8日に感染を公表。3日に発熱症状が見られ、咽頭痛・咳・痰・体の痛み等の症状が続いたため、6日に居住地近くの医療機関を受診。胸部レントゲンでは所見なしの診断であったものの、PCR検査を受診し、7日午後に陽性が判明したとしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月30日のニュース