稲垣吾郎、自粛要請中に外出する人への批判に「表面的に見て発言してはいけない」

[ 2020年4月5日 17:30 ]

距離を取ってスタジオトークをする(左から)香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛(C)AbemaTV

 俳優・稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)が5日、レギュラーを務めるAbemaTV「7・2 新しい別の窓」(後3・00~)に生出演。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて各地で出ている外出自粛要請について言及した。

 番組では医療従事者や学童保育で働く視聴者からのメッセージを紹介。香取は「外を歩いている人を見た時に“外出控えてって言われているのに歩いている人いるなあ”って思ったけど、こうやって働かなければならない、(外出の)必要性がある人たちという可能性があるよね」とコメント。

 稲垣も「本当に分からないよね。ちゃんと聞いてみないと。のんきに外を歩いている人じゃないかもしれない。表面的に見て何か発言してはいけないと思う」と語った。

 3人は配達業者やテレワークができない職種の人々についても言及。「こうやって頑張ってくれている人には最大のリスペクトですね。見えないウイルスだから怖いと思うよ」と草なぎ。香取も「配達の方々も仕事中は配達の格好をしているけど、それまでは街を歩いて電車に乗って会社に行っているんだもんね」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月5日のニュース