志村さん「全国に笑顔を運んだ旅」千鳥・大悟との仲睦まじい姿も ネット「幸せな空間」「ほっこり」

[ 2020年4月5日 15:30 ]

志村けんさん
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は5日、3月29日に新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなったコメディアンの志村けんさん(享年70)をしのぶ追悼特番ありがとう志村けんさん 全国に笑顔を運んだ旅」(後1・55)を放送した。VTRでは志村さんと関係が深かった、お笑いコンビ「千鳥」の大悟(40)とのやり取りも流れるなど、ネット上では「幸せな空間」「志村けんさんの人柄にほっこり」と反響が相次いだ。

 同番組は、志村さんが触れ合いを大切に全国を旅した「志村けんの激ウマ列島」(1999~2015年)「志村けん聞録」(2016~2019年)の思い出のシーンを振り返る内容。冒頭に、同局の大下容子アナウンサー(49)が追悼し「昭和、平成、令和、3つの時代で私たちを笑わせ続けてくれた志村さん。テレビ朝日の番組にも数多くご出演いただき、たくさんの人たちに、いっぱい笑いを届けてくださいました」と話してスタートした。その後は、志村さんの笑顔と数々の思い出のシーンとともに、やさしく飾らない人柄を回顧した。

 また、「志村けん聞録」の鎌倉編(2017年)では、志村さんとプライベートで週に何度も酒席をともにするなど公私で親交があったことで知られていた大悟が出演。その中で、志村さんが彫刻職人を体験する場面では大悟が「似合うね」と冗談交じり話しかけると、志村さんが「静かにしてくれないか」と返すなど、仲睦まじい姿がVTRで流れた。

 最後は「志村けんさん 楽しい笑いをありがとうございました」とテロップが出され、志村さんをしのんだ。

 番組放送直後からネット上では視聴者が志村さんへの思いを投稿。「本当にどこまでも偉大な方」「番組見てるとまだ生きてるんじゃないかって思う」「忘れることはできない」「胸がいっぱいです」「まだ生きてる。って思ってしまう」「幸せな空間」「志村けんさんの人柄にほっこり」といった声が多く見られた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月5日のニュース